League of Legendsランキング ADCとサポート、どっちをやろうか迷っているあなたへ:S7

ADCとサポート、どっちをやろうか迷っているあなたへ:S7

こんにちは!

今回は「ADCとサポートどっちをやろうか迷ってる…」というあなたへの記事です。

ADCとサポでゴールドに上がった僕が、個人的にどっちがおすすめなのかを解説していきます。

特に、ロール変更をして勝率を上げたい!っていうブロシル辺りの人に見て欲しいですね。

まず結論から言うと、おすすめなのは圧倒的にサポートです!

サポートを選んだ理由は後で説明します。

でも、サポートをおすすめしといてなんですが、

ボットレーンをやるなら、ADCとサポートをどちらともある程度出来ないといけません!!

ボットレーンはお互いのロールを理解してないと上手くプレイできないんですよね。

例えば、

  • サポートがロームやワーディングをしている時に、ADCが甘い立ち位置をして死ぬ
  • タワー下のミニオンにサポートがaaをしてくれない
  • サポートはlv2先行して仕掛けたいけど、ADCがそれに合わせてくれない

こんな感じで、お互いのやりたい事がわかってないと、かなり不満が溜まるのがボットレーンです。

なので、ADCとサポートどちらもある程度できるようにしておきましょう!

さっきも言ったとおり、おすすめはサポートなので、練習の比率はサポート多目がいいです。

では、なぜサポートをおすすめするのかを説明していきます!

ADCよりサポートをやった方が良い理由

サポートを勧めるのは単純で、ADCより勝ちやすいからです。

なぜ勝ちやすいのか、それは

  • レーンはADCよりもサポートによって勝ち負けが決まる
  • サポートは試合を動かしやすい

こんな感じで、試合に多く関与することができるからなんです。

レーンはサポートで決まる?!

これは聞いたことがある人も多いかもしれませんが、

ボットレーンの勝敗の70%はサポートによって決まります!!

いや、70%どころか80~90%かもしれません。

それくらいボットレーンにおいてサポートが重要なんです。

「ADCがダメージを出すんだから、ADCの方が重要だろ」って思うかもしれないけど、

ほとんどの場合、ccを持っているのはADCではなくサポートです!

つまり、相手と戦うタイミングを握っているのはサポートということ!!

いくらADCがダメージを出せると言って、ADC自ら仕掛けようとしても返り討ちに合うだけですからね。

lv2先行からのエンゲージ、ガンク合わせなど、キルを狙うシーンではサポートのccが不可欠なんですねー!

さらに、レーニングの段階ではサポートはADCと同じ位、もしくはADC以上に火力が出ます。

  • 相手を捕まえる為のccを持っている
  • 序盤はかなり火力が高い

これを踏まえると、レーンで圧力を持っているのは圧倒的にサポートなんですね。

だから、サポートが上手くてADCがある程度まともなら、ボットレーンは勝ててしまいますw

逆にADCが上手くてもサポートが下手なら、レーンを勝つことはかなり難しいんです。

サポートはエンゲージができる!

さっきも言ったccの話になります。

ccを持っているといことは、ロームして相手を捕まえたりピックアップ集団戦でのエンゲージをすることができます。

言い換えれば、自分の判断でゲームを作れて、ゲームを動かせる!ということですね。

自分で相手や味方の位置を見て、有利を取れそうなら仕掛ける。

サポートはこれができるから強いです!!

ADCでこれをやろうとしても、ccがないためできないんですよね。

アッシュ・ヴァルス・ジン辺りはエンゲージやピックアップが可能ですが、

それ以外のADCとなると、「味方のエンゲージに合わせて行動」というのが鉄則になります。

ADCは受身で動くことが多いですが、サポートは能動的に動けるので、サポートの方が勝ちやすいというのはありますね!

ワーディングとデワードができる!

僕がサポートが好きな理由、そしてサポートの方が勝ちやすい理由として

ワーディングとデワードができる!ということが挙げられます。

「そんなちまちました動きしたかねーよ!」って人が低いレートにはいらっしゃいますが、

僕は全く反対の意見です。

ワードを相手のjungle内に置けば、敵の位置が把握できる、味方がTPをする時に相手の背後に回りこむことができます

相手のワードを消せば、視界を取りに来た相手にccをかけて、ピックアップもできるでしょう。

こんな感じでワードを置いたり消したりするだけでも、試合を有利に動かせるんですよ。

実際に僕はシーズン6の時、かなりワーディングに自信がありました。

そのため、カルマのようなccが薄いサポートでもワードセンスだけで勝率が70%あったんです。

だから、「サイトストーンは絶対に買わない」みたいなサポートって僕からしたら信じられないんですよねw

せっかくサイトストーンを持てて、試合を動かせるのにそれを放棄してるんですからww

いうなら、メカニクスがそんなに無くても、ワーディングの知識があればレートは上がる!ということです。

ワーディングの知識を学びたいならjapanesekoreanUGの動画を見てください!

かなり丁寧に解説しています↓

あと、ADCだとワードを置いたりデワードをすることが出来ないんですよね。

だからここでもサポートの方がゲームを作りやすい、という結論になります。

サポートをする上でのプレイスタイル

なんでサポートの方が勝ちやすいか、というのは理解して頂けたでしょうか?

今の内容を理解した上で、気をつけて欲しいことがあります。

それは、ジャンナ・ナミ・ソラカなどの受身のチャンプばかり使わない!ということ。

さっき話した内容は、サポートは試合を動かせるから勝ちやすい、というものでした。

なので自分から仕掛けていくチャンプをピックしないとサポートをやる意味はほぼありません!

受身のチャンプだと自分から仕掛けられないため、結局はADCをやるのと一緒になってしまいます。

もちろんワーディングだけでも試合は動かせますが、

ワードを敵jungleに置く時に自分のチャンプに圧力がなかったら、ワードを置きに行くのも難しいんです。

なので、今使うとしたらスレッシュ・ブリッツ・ブラウム・ラカン

メイジならカルマ・ソナ・ザイラ等のパワーがあって、攻めに使いやすいccがあるチャンプを使いましょう。

とにかく、チームをキャリーすることをban pickの段階から意識してください!

今回はここまでです!

ボットレーンをやるならまずはADCとサポートどっちもある程度できるようにする。

その後はサポートで知識を付けながら、レートを上げていく。

こういった流れになります。

サポートもADCもスキルセットは単純なものが多いので、速い段階で上手くなれると思います!

レート上げられるようにお互い頑張りましょ(^_^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ゴールド程度のハナクソザコがなーにほざいてんだ